しゅんブログ~仕事も私生活も充実したい人のブログ~

自身の努力や、勉強してきた体験記、仕事も私生活も充実するための方法などを書いていくブログです

MENU

実はシンプルな実績の出し方を3分で解説

こんにちは! しゅんです。

 

今回は私も現在行っている実績を出すための方法を紹介します。

 

この記事を読めば大体3分くらいで何をすればよいのか知ることができます。

それだけ実はシンプルであることが勉強していてわかりました(笑)

 

では早速まとめていきます!

 

 

こういった形で定期的に情報を共有していきますので

気に入っていただけたらぜひとも読者になっていただけましたら幸いです!

 

 

△そもそも実績とは何なのか?

簡単に言うと

  • 実績=実際に成し遂げた成果

 

を言います。

 

極端な例でいえば

あなたの働く会社において、利益を生み出すことにあなたが成功した場合

それはあなたにとって実績になります。

(利益を生み出したという成果=実績)

 

この例は非常にわかりやすい例ですが、そのほかにも

目標を立てて、その目標を叶えることができた

 

これもあなたにとっての実績になりえます。

 

つまり数字として表れない結果に関しても一定のレベルを超えればそれは

あなたにとっての実績となりえるということです

 

 

△実績はそう簡単にはつかない

実績は誰もがつけたいと思って頑張るものの、どうしてもすぐにはつかないギャップのせいでうまく継続ができないのです。

成果というのは残酷なもので、やればやるほど比例的に出ません。

どちらかというと指数関数的に上がっていきます

f:id:sabata717:20210216163140j:plain

成功曲線

私もこれまでそうやって途中でリタイアしてしまったことが原因で実績を積むことができなかった場面が多くありました。

そんな自分が社会人になって着実に目標を達成し、成長をし続けているのは

実績がそう簡単にはつかないことを理解し、地道にコツコツと努力を積み重ねてきたからだとわかりました。

 

(副業をするにしても、会社で成功するにしても共通していることなのでこれを理解しておくことは本当に大事です)

 

皆さんも短期的に実績を求めず長期的スパンになることを念頭に動いてみてはいかがでしょうか?

 

△実績の具体的な作り方

・希少なものを目標として設定する

例えば営業成績でトップを出す。だとか新しい取り組みに挑戦するだとかあなたの中でこれは希少だなと思うことを見つけてそれを目標にしてみましょう

その目標を達成するために何ができるか、何をしなければいけないのかを探ることでおのずと行動に移せると思います。

 

閾値を超えて形にする(一定のボーダーラインを超える)

設定した目標に対して、一定のボーダーラインを超えることで目標が実績となります。

(身近な例でいえば、国家試験の合格ラインとか。8割合格などボーダーラインありますよね)

 

本を読んで発信をしていますという人と

毎月本を100冊読んでその情報を発信している人ではどちらの人に信頼できますか?

 

やはり毎月100冊を読んでいるという実績のある人のほうが信頼度が大きくあると思いませんか?

 

簡単なことでも一定割合超えてくるとそれは信頼という名の実績となってあなたに積まれます。

実績ってこうやって積み立てるのかと考えると簡単に見えてきませんか?

 

・形にできたら継続する

例えば月に100冊読んでいる人がいたとしても、それが1か月しかやっていなかったとわかったら途端に信頼度が減りますよね。

逆にそれを毎月やってますと言われたらすごい!となります。

 

つまり、ある程度形にしたらそれを継続していかなければ価値が下がってしまうのです。

 

これはYoutuberとかでもそうです。動画投稿も継続が大事といわれるのは

ある程度チャンネルの中身がわかってきた段階でやめてしまったら元の無名に逆戻りしてしまうからですね

 

形にできたらこちらのもの。ですがそれを継続することが最も難しいといえます。

 

以上の三つを実践することで必ず成果が表れてきます。

 

 

△一番難しいのは実践すること

上記の三つを行うことで成果は必ず現れるのですが、

一番難しいのは、上記3つをちゃんと実践すること。

 

言うは易く行うは難し

 

という言葉があるように、こうやって文章にするのは簡単なのですが

実際に行動してみると本当に難しいし心折れそうになります(笑)

 

 

しかしその先に待つ成功を一回でも得てみてください。

本当にやってよかったと思いますし、続けることの大切さを学ぶことができます。

 

この機会に一緒に実績を出しませんか?

頑張りましょう!